マネー

新築アパートで不動産投資をはじめよう|方法を徹底リサーチ

不動産を購入検討する前に

貯金箱

新築アパートを投資用不動産として購入検討されている方は、相場や費用、準備する資料などについてきちんと把握しておくようにしましょう。近年、注目されている不動産投資の中で、新築アパートは単身者向けのワンルーム物件を投資用不動産として開発している不動産会社が多いです。新築アパートを投資用不動産で購入する場合、一般的には一棟買いすることになります。新築マンションの一部屋を購入する場合の購入価格に相当します。相場は数千万円です。地域差による価格差はありますが、おおよそ、二千万円から五千万円程が相場です。不動産会社が開発販売している新築アパートを購入する場合、不動産会社から購入することになります。購入する前に、売主である不動産会社と不動産売買契約書を締結することになります。契約書には記名押印する必要がありますので、実印を用意しておきます。また、契約の際に、売主と買主、不動産移転登記を行う司法書士と同席して契約は行われます。契約前に、新築アパートを購入するためにかかる費用を事前に不動産会社から提示されます。また、売却するにふさわしいかどうか審査することもあり、個人情報の提示を求められることもあります。新築アパート本体の価格のほかに、司法書士が行う不動産移転登記費用、税金については不動産取得税、固定資産税がかかります。購入後、固定資産税は毎年納税することになります。購入資金を融資する場合、毎月返済も生じますので、長期的な資金計画を立てること必要性があります。

地方都市の物件の活用法

マネー

高利回りが実現しやすい、地方都市にターゲットを絞るのが、新築アパートへの投資を成功させる賢い方法です。駐車場完備の物件を選ぶことも重要ですが、質の高い設備にこだわって物件の価値を高めると、良い入居者が確保できるでしょう。

アパート経営で成功のコツ

積み木

初めての不動産投資ではアパート経営が適しています。マンション経営に比べて初期投資額が少なくてすむからです。入居者の確保を考えたら中古より新築アパートを選んだ方が有利です。立地の良い物件なら常に入居者を確保できますし、空室を減らせます。不動産投資ではこのような収益物件を確保するのが成功のコツです。

賃貸経営を始めるには

集合住宅

新築アパートへの投資は入居率が高く安定した家賃収入を期待できること、銀行から融資を受けやすく資金不足を解消できること、多額の減価償却費を計上できることなど、中古物件では得られない数々のメリットがあります。