メンズ

新築アパートで不動産投資をはじめよう|方法を徹底リサーチ

賃貸経営を始めるには

集合住宅

中古物件との比較

不動産投資の初心者でも、新築アパートに投資することは可能です。一般に新築アパートは人気が高く、すぐに入居者が集まるので、しばらくは安定的な家賃収入が見込めるというメリットがあります。安価な中古アパートは表面利回りが高くても、空室が多ければ経営が安定せず、思ったような収入が得られない場合があります。もちろん新築アパートといえども、入居者の需要がない土地では空室ができますから、事前の市場調査は必要です。また時間が経過すれば家賃も低下することを考えて、出口戦略も含めた長期的な計画を立てるのが望ましいと言えます。新築アパートへの投資は中古物件に比べて初期費用が高額になるため、ハードルが高いと考える方もいますが、銀行ローンを上手に活用すれば資金不足をカバーすることができます。新築アパートは中古物件よりも担保としての評価が高く、それだけ融資額も大きくなるためです。だからといって、毎月の返済に困るほど借り入れることは禁物です。十分に返済可能な額を計算し、資金には余裕を持っておくのがポイントです。物件自体の価格が高いことから、新築アパートは多額の減価償却費を計上できるというメリットもあります。とりわけ副業として不動産投資を行っている方は、損益通算により本業の利益を圧縮し、大きな節税効果を得られるでしょう。必要なら投資アドバイザーなども利用して、新築アパートならではの長所を最大限に活かしてください。